業者が教えるねずみ駆除方法

野良猫駆除をする際の注意点

野良猫駆除をする場合は、いくつか気をつけた方がいいことがあります。まず、ターゲットの野良猫が本当に野良猫かどうかを確かめるべきです。もしかしたらどこかの飼い猫の可能性もあります。万が一駆除した後に飼い猫であったことが判明した場合、その買い主とトラブルになり、最悪の場合損害賠償請求などされる恐れもあります。

ですから、周辺の人たちとよく話あって、完全に野良猫だと確信が持ててから野良猫駆除を行った方がいいです。それから、野良猫駆除をする際は動物愛護法に抵触しないように気をつけなければいけません。あまりにも残酷な方法で駆除すると法律に触れる可能性があります。例えば、捕えた猫に殴る蹴るの暴行を加えたり、ガスバーナーで焼いたりするような行為はしてはいけません。

そのような行為をして実際に問題になっているケースもあります。一番いいのは捕まえた猫を保健所に持っていくことです。そうすれば穏便な方法で処分してくれます。また、保健所で買い主を募集してくれることもあります。

駆除するほど悩んでいるわけではないが、野良猫が家の敷地内に侵入してくるのは防ぎたいという場合は、猫を撃退する方法を色々試してみるべきです。お手軽でわりと効果があるのが、超音波で猫を撃退するというグッズです。ホームセンターなどで購入することができます。それから犬を飼うというのも有効です。

ちなみに、ペットボトルを置いておくといいなどと言われていますが、あれはほとんど効果はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *