業者が教えるねずみ駆除方法

野良猫駆除の方法と気を付けること

野良猫は気に入った場所を住処にします。住み着くと花壇や庭を荒らしたり、糞尿などの被害、鳴き声、人によっては猫アレルギーなどを起こします。猫が好きで可愛いからといって餌を与て住み着かせると伝染病などの危険もあります。野良猫駆除の方法は自分で行う方法と業者に頼む方法があります。

自分で行う場合は動物愛護法などにより気を付けなければならない項目があります。簡単に行う方法としては猫が嫌がるものを設置する方法です。ペットボトルなどの大きなものを置いて猫を怖がらせたりする方法や、猫が嫌がる匂いのもの、コーヒー、酢、柑橘系のものを置く方法があります。毒物である漂白剤、殺虫剤などを置くのは保護法で違反とされているので厳禁です。

猫を捕獲する器具を設置する方法もあります。ホームセンターなどで売られているかご式の捕獲器などです。捕獲後は捕まえた猫は、保健所に引き取ってもらうよう依頼します。自分で傷つけたり殺すことは保護法の違反になります。

このように野良猫駆除の方法は、猫を傷つけたり殺すことは動物保護法で禁止されています。また野良猫を捕まえうることはなかなか困難で、猫が嫌がるものを設置しても慣れればまた住み着いてしまうし、臭いを発するものは時間と共に匂いが消えてしまう欠点もあります。その場合は最初から野良猫駆除の専門業者に依頼するもの一つの方法です。捕まえられず被害が拡大する心配もありません。

また捕獲後も愛護法にのっとって処理してもらえるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *