業者が教えるねずみ駆除方法

庭先に立ち入れないようにする野良猫駆除方法

野良猫が家の庭や敷地に住み着いたり、通り道として通るようになった場合、鳴き声の騒音被害、特に夜中に大声で泣かれる被害はつらいものになりますし、庭先に糞をするようになるとそこが野良猫にとってトイレの場所となってしまい何度も糞をし、その片付けの手間がかかるだけでなく、その糞に付く細菌等に子どもが接触するおそれがあり、衛生面での被害も想定されます。このような被害を避けるためには、野良猫駆除を行う必要があります。ただ、野良猫駆除の方法として直接的に駆除することを検討するにしても野良猫は動きが素早く捕獲が困難なことに加え、動物愛護法という法律があり、殺すにしてもできる限り苦痛を与えない方法をとることとされ直接的な駆除はなかなか困難を伴います。では、野良猫駆除の方法としてはどのような方法がよいでしょうか。

この点、基本的な方針として庭や敷地に野良猫が立ち入れないような物理的なフェンスや囲いをする方法がありますが、費用面や手間を考えると難しい面があります。そこで、野良猫が嫌いなにおいがする忌避剤を使用して当該場所に野良猫が近づけなくするという方法がいいでしょう。この忌避剤として活用できるものとしては、竹酢液や木酢液を散布するという方法や、ミカンの皮などの野良猫が嫌うかんきつ系のにおいがするものをトイレとしている場所に置いてみたりする方法です。他にも香りの強いハーブ系のにおいも嫌うのでこのにおいがするものを設置する方法もあります。

個体差があり各方法の効果はばらつきがあるので複数の方法を試してみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *