消泡剤は今や多く販売されていますので身近な存在となりましたが、それでもまだよく分からない人も多くいます。ここではそんな消泡剤について、しっかり理解するために論点を整理しました。まず、そもそも消泡剤にはどういった作用があるのでしょうか。その作用には破泡性と抑泡性の2種類あります。

前者は一度発生したバブル(泡)を破壊する作用で、後者はバブルの発生を抑える作用です。すなわち、バブルを破壊したり発生を抑えたりする作用があります。それでは、破泡性と抑泡性の2つの性質を併せ持つためには何が必要なのでしょうか。破泡には拡張性が大きく表面張力が小さいという条件が必要です。

一方、抑泡には溶解性が低い、表面張力が小さいなどの条件が必要となります。したがって、この2つの性質を併せ持つためには、表面張力が小さく、水に対する拡張性が大きく、かつ溶解性が低いという条件を満たす必要があります。また、シリコンオイルやオイルコンパウンドなど、近年注目されているシリコン消泡剤について、多くの人が関心を持っているところです。シリコンは表面張力が小さく、水に対する拡張性や溶解性ともに小さいという特徴があります。

そのため、シリコン消泡剤は抑泡性には極めて優れているものの、破泡性にはやや劣るという特性があります。こうしたことから、O/W型エマルジョンに乳化したり、シリコン系乳化剤とブレンドしたりするなどして、より高品質なものにして利用する人が多いです。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です