消泡剤とは泡を消す働きをしてくれる添加物で、泡立っている所に入れると効果を発揮します。薄い膜に入り込み液体の表面張力に作用すると、強度が下がり割れてくれ、この効果を破泡作用と言います。泡消剤にはオイルや界面活性剤・エマルジョン・特殊タイプなどがあり、異なる特徴を持っています。それぞれについて具体的に見ていきます。

オイルタイプは、鉱物油など油性の物質を主成分として水系液体の泡を消してくれます。この消泡剤は即効性があるので、液体表面の泡立ちを素早く消したい時に向いていますが、効果を維持する力は弱いです。界面活性剤タイプも油性成分が主成分ですが、その中でも消泡効果を持ったものを配合したものです。界面活性剤は石けんなどに使われるので泡立つイメージが強いかもしれませんが、消す作用がある種類もありそれを使っています。

この消泡剤は長期保存が可能ですが、使い方を間違えるとかえって泡が立ってしまう事があるので注意が必要です。エマルジョンタイプは消泡成分を乳化・分散させたもので、水中での拡散性に優れています。長期保存すると変質や分離により性能に影響が出るケースもあるので、直射日光を避けて冷暗所に保管するのがおすすめです。特殊タイプは、優れた消泡性能があるシリコーンやシリカを配合した消泡剤です。

これらは塗装する際に製品に付着すると、ハジキの原因になるかもしれません。また、泡の状態や使用する場所によっては適さないので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です