消泡剤とは、泡を消すために使われる添加剤のことです。食品や化粧品などさまざまな製品に使用されており、無くてはならない添加剤となっています。日常生活で頻繁に使っている人は少ないかもしれませんが、何気なく食べている食品にも疲れています。水系の製品には界面活性剤など親油性が高いものが利用されるのが通例ですが、身近な一例としては豆腐が挙げられ、かつては豆乳によって作られる泡を消すために植物油の加工品などが使われていました。

昔から必要なものとして親しまれ、現代でもたくさんの製品に使われ続けています。作用をおおよその種類に分けた場合、消泡剤には破性と抑性などの種類があります。破性はできてしまった泡を破壊し、抑性とはその名の通り泡の生成自体の抑制を行います。破性と抑性にはそれぞれ異なる特性があるため、どちらを使用するかは製品や製造過程によって決まります。

さらに脱性のものなどもあり、こちらまとめて大きくしてから、表面上に素早く泡を浮上させるのが特徴です。普段は意識しなくても泡は社会生活に身近に存在しています。シャンプーや石鹸など、泡が出る製品を使ったことのある人は多数いるはずです。しかしその存在は製品の製造時にトラブルのもとになりがちです。

小さな泡の粒が入ってしまったために不良品になったり、発生で生成に失敗したり、困った存在でもあるのです。消泡剤はその存在を抑制しながら、製品の生産をサポートするなど、重要な役割を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です