消泡剤は液体に泡ができないようにしたり、発生してしまったものを消すために加える添加物のことで、大きくわけると破泡作用・抑泡作用・脱泡作用と言われる三つの作用機構で消しています。それぞれの作用の働きには、破泡作用においては「液体に消泡剤を加えることによって表面の一部の分子配列が消泡物質に置き換わり、膜が薄くなり膜を破壊してなくしてしまう働き」、抑泡作用には「発生してしまったものを破壊するのではなくて、発生すること自体を抑制して発生させないようにする働き」、脱泡作用には「発生したものを表面に上昇させ、大きな塊にして消滅させる働き」があります。どれを選んでも効果はありますが、それぞれ別の働きで消滅させたり発生そのものを防いだりしているので、使い分けて利用することでより効果的に使用することが可能です。また、消泡剤の作用機構の種類訳以外にも、一般的にオイルタイプ・活性剤タイプ・エマルションタイプに分類可能です。

オイルタイプの製品は、比較的安い上に熱に強く、即効性があり表面の泡を速やかに消滅させることができる点が長所と言え、短所はオイルタイプは油性であるために河川などに流してしまうと環境に良くないといえます。活性剤タイプは油性で、界面活性剤を使っているため疎水性が高く、安定性に優れているため長期にわたっての保存が可能という長所はありますが、短所としては少し高価ということがあげられます。エマルジョンタイプのものは、拡散性に優れているという長所がありますが、長期間の保管が難しいのが短所といえ、保存が長期化すると固化したり、消泡性能が損なわれてしまいがちなため長期間の保管には向きません。保管するのであれば劣化を防ぐために屋内などの直射日光の当たらない場所での保管が望ましいタイプです。

消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です