泡は薄い膜によって隔たれた気体を指しています。泡は一見状態の良いものに感じますが、実際モノづくりの世界ではトラブルになることが多く、適切に消していかなくてはなりません。泡を消す方法には様々なものがありますが、その中でよく使用されるのが消泡剤です。消泡剤はシリコーン系と有機系とに分かれており、使用することの多い界面活性剤タイプのものは有機系になります。

長期保存ができるものの、界面活性剤タイプは油性であるので万が一使い方を間違ってしまうと泡立ってしまうので気をつけなくてはなりません。シリコーン系はエマルジョン型と自己乳化型などがあります。エマルジョン型は成分を水に乳化させ分散させたものであり、水中に拡散性を持ちます。食品添加用や排水処理などいろいろな場面で使用することができますが、デメリットとして安定性に若干弱く長期保存はしにくいです。

変質してしまったり分離をしたりする可能性があるので、長期保存をしなくてはならない場合、直射日光を避けた場所に置く必要があります。自己乳化型は有効成分が100%のシリコーン消泡剤であり、酸性とアルカリ性の発泡液に対して効果を示します。不凍液や塗料などにも効果があり、持続性に優れています。シリコーン系は一般的に即効性があり様々な面で使用することができることから多く使用することができますが、シリコーン系の場合塗装する際にその成分が製品等についているとはじいてしまう可能性があるので、使用する場所によって使い分けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です