消泡剤は、食品や化粧品などの製造過程で液体に泡ができるのを防ぐため、もしくはできてしまった泡を消すために使われる添加物のことです。泡は、高い表面張力を持つ水などの液体に界面活性剤や高分子化合物が含まれる場合にできます。製品を製造する工程で発泡してしまうと、作業効率や収率が低下してしまうだけでなく、製品の品質の低下にもつながるので消泡作業が必要となります。泡は高い表面張力があると液体にできやすい性質をもっています。

そこで、消したい時には液体全体または部分的に表面張力を低くすることで消すことができます。泡を消すための手段には、温度や圧力、超音波などの変化を加えて泡を不安定化させて消す方法と消泡剤を添加して消す方法がありますが、消泡剤を利用して消した方が作業能率・経済的にも効率がいいので多くの場合でこの方法がとられています。消泡剤にはシリコーン系と有機系にわかれます。シリコーン系にはオイル型や溶液型、エマルジョン型などがあり、水性・油性どちらの発泡液に対しても高い効果があります。

シリコーンオイルは、消泡効果が高く毒性がないため食品や化粧品、日用品、医薬品などに多くの製品に使われています。界面活性剤やポリエーテル、高級アルコールなどの有機系は、シリコーンオイルと比べると汎用性は少ないです。しかし、水性の発泡液には非常に優れた効果と持続性があるので、水性の発泡液の場合は有機系を使用することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です