消泡剤は、液体にできた泡を消したり泡ができることを防止する添加物のことで、化粧品や食品を製造する際によく使われています。様々な製品を製造する上で、消泡作業は製造の作業効率を図ると共に製品の劣化を防ぐ意味でも重要な工程になります。一概に消泡剤と言っても、用途によって様々な種類の消泡剤があります。消泡剤の種類は大きく分けて、シリコーン系と有機系に分けられています。

シリコーン系は、即効性があり水性にはもちろん油などの非水性にも使われる消泡剤です。有機系は、特に水性の発泡液に対して非常に効果を発揮します。基本的に、シリコーン系の方が汎用性が高く広く使われています。シリコーン系タイプは、オイル型やオイルコンパウンド型、溶液型などに分類されています。

オイル型は、100パーセントシリコーンオイルで水など他の溶液を混ぜられないものに使われます。溶液型は、主に油性の素材の消泡に使用されます。オイルコンパウンド型は、シリコーンオイルにシリカ粉を混ぜたもので油性にも水性にも利用することが可能です。シリコーン系の使い方は、効果を高めるために水やオイルなどで希釈して使うことをおすすめします。

原液でも使えますが、希釈して使った方が分散性が高まりより有効的に利用できます。添加する量は、まずは50ppmを基本量として泡の消え具合で量を調節していきます。尚、食品へ添加する場合は50pp以下と義務づけられているので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です