消泡剤は泡を消すために使用するものです。泡は液体もしくは固体の中に空気などの気体が入る、そしてその気体が薄い膜で隔たれてしまうといった状態のものであり、泡がある部分は表面張力の影響を受けてしまいます。このようなことが起こると製品そのものに品質にかかわります。そのため泡を消すために消泡剤が使用されており、様々な種類があります。

消泡剤にはオイルタイプやエマルションタイプ、界面活性剤や特殊といったものがあり、それぞれ使用する場所や特徴が異なります。オイルタイプは鉱物油を主成分としたものであり、水系の液体に対して効果を示します。また即効性があるので、素早く泡を消したい場合に向いています。ですが、デメリットとして油性であるので持続性がないこと、また河川などに流出してしまうと周辺の環境に影響を及ぼす可能性があることがあげられます。

そのため排水系統で使用する場合は十分に注意しなくてはなりません。エマルションタイプは消泡成分を水に分散させたものであり、水中での効果に優れています。ですが貯蔵に関して安定性に欠けており、長期保存してしまうと消泡剤が変質や分離をしてしまい、性能に影響が出てしまいます。直射日光を避けた場所での保管が基本ですが、多く購入するのではなく必要な量を購入した方が性能を維持できる可能性があります。

消泡剤は水性と油性の2つに大きく分かれます。それぞれ特徴があるのでどのような場所で使用するのかを考え、適切に使うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です