消泡剤とは液体に泡ができるのを防ぐため、もしくはできた泡を消すために豆腐やコンクリートに添加する添加物のことです。泡を消すだけなら超音波などで消すこともできますがコストがかかるうえ、万が一消しそこなった場合に食品や製品なら売れ残ったり、排水処理では環境汚染につながります。そこで開発されたのが消泡剤で微量の添加で、強い消泡効果を発揮するうえ食品に添加しても体に害はありません。食品の例では豆腐の製造工程で豆乳の水沫を消すために植物油加工品が消泡剤として利用されており、植物油加工品や鉱物油などのオイルタイプは水系液体に対して消泡効果があり即効性に特化しています。

オイルタイプ以外の消泡剤には界面活性剤タイプやシリコーン系消泡剤やエマルションタイプなど様々な物があり、界面活性剤を配合した物は貯蔵安定性に優れ長期保存が可能です。金属表面の洗浄剤には泡が残りがちですがこれを消すのに適しているのが界面活性剤タイプで、鋼表面の塗装がはがれるのを防ぐリン酸塩処理前に泡を消すために使われます。シリコーンタイプは凡庸性が高く塗料やインキの製造過程で泡を消すために使用されており、原液での添加も可能なので使いやすいのが特徴です。エマルションタイプは消泡成分を水に乳化分散させたもので水中での拡散性や耐アルカリ性に優れており、発泡に用いる菌の発育を詐害することがないため発酵工程などの高温条件で使用するときに適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です