私たちの身の回りで泡が発生するということはよくあります。一番身近なところとして、洗顔や入浴などで使用する石鹸やシャンプーなどでしょう。これができるというのは、界面活性剤が水に馴染みやすい部分とそうでない部分からできていることによります。このことにより水に馴染む物質である溶液と水になじまない気体との間を取り持つような構造をつくります。

このように泡が発生することによって、お互いに相反する性質のものが共存できるということになるわけです。これは界面活性剤の優れた性質といえます。ただ使用上において、いつも発生して欲しいかと言うとそういうわけでもありません。発生する状況というのは界面活性剤を使わない場合でも、色々な溶液の性質によって発生する場合もあります。

そのような際、場合によっては泡を好まないという場合もあり得るわけです。場合によっては、泡を消したいということが出てきます。その際に利用されるのが消泡剤です。消泡剤とは構成する膜の部分に不均一起こして、不安定にさせ壊すというものです。

このことにより、すぐに消すことが可能となります。よく知られる例としては、ペイントを色々なものに塗る際に泡が入ってしまうということがあります。塗装の際にはこれが残ってしまうと、後で跡が残ってスムーズな表面を作り出すことができません。これではペイントの意味がなくなりますので、消泡剤を使ってできないようにするというような工夫が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です