製品を作る工業用や家庭用の発泡剤は、主に固形発泡剤と液体発泡剤に分類されます。液状発泡剤とは、通常、発泡体底の表面に流動性のある膜や疎水性の膜を形成することにより溶液の吸水度を変化させないタイプです。消泡剤は逆にその泡を破壊する薬品です。液体発泡剤の例としては、水酸化ナトリウム・炭酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウムなどがあります。

液体発泡剤は、一般的に液膜や疎水性膜の形成による吸水度の変化がないため、固体発泡剤に加えて、溶液の吸水度を高めるために使用されるのです。一方で消泡剤には多くの薬剤が泡を抑制する方法で使用できることに留意すべきです。例えば酢酸ナトリウムや酢酸ナトリウム、炭酸カリウムなどが代表的です。発泡抑制剤としては、安価で豊富な物質であることから、酢酸ナトリウムが広く使われています。

また、泡を抑える材料として非常に優れています。酢酸ナトリウムは乳化安定剤として作用しこれが消泡用に使用される理由の一つです。炭酸水素ナトリウム・炭酸水素ナトリウムも泡の防止にも使用されます。そして、ホウ酸成分は重炭酸イオンであるため、泡の低減にも用いられるのです。

消泡剤は次のような用途に使われます。1つは、発泡性溶液の調製に用いられる場合です。液状発泡剤は、通常、水性発泡液の調製に用いられるのです。もう1つは発泡剤や発泡システムの製造にも用いられることです。

泡立ちへの影響は複雑で、対象となる液体・使用温度・対象となる液体の粘度、対象となる液体のpH(pHは0~14の範囲で測定される変数)など、多くの要因に影響されます。pHが高いほど、消泡剤が泡立ちに影響を与える可能性が高くなるのです。冷凍庫で使用するために処方された消泡剤は、pHが低く、泡立ちにはほとんど影響しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です