消泡剤は、その名前の通り「泡を消すためのもの」です。泡を消すと聞いて、どのようなものが思い浮かぶでしょうか。食べ物であれば豆腐を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。豆腐の原材料である大豆には、泡が立ちやすい天然の界面活性剤が含まれており、気泡ができやすい性質を持っているのです。

ですが、泡が立つのは見た目の問題だけなら気泡が入っていても気にしないという方がいるかもしれません。ですが気泡が多いということは「豆腐が空気に触れる面積が大きい」ということで、日持ちせず腐りやすくなってしまうのです。もともと豆腐自体が賞味期限の短い食べ物ですから、更に短いとなると購入するときに躊躇するでしょう。そのため豆腐には消泡剤が使われていいます。

消泡剤を入れることで泡立ちにくく、日持ちするように工夫がされているのです。消泡剤は食品添加物の一種のため、体に悪そうと考える方もいるかもしれません。ですが扱いとしては「加工助剤」のため、出来上がった豆腐の中には成分が残りません。残らないのですから、体にも害はないのです。

害がないので、使用か不使用かをそれほど気にする必要はありませんが、どうしても気になるという方は、消泡剤を使用していないお腐屋さんで購入されるとよいでしょう。使っていないお豆腐は恐らく手作りで気泡ができないように慎重に手作りされたものが多いため、スーパーなどで購入するよりも割高の可能性があります。また日持ちもしないため、余分なものを一切つかっていない商品を購入したい方は賞味期限に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です