消泡剤は普段の生活で使用することは少ないためあまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、身の回りで実はよく利用されているものになります。どういうものなのかというと、文字の通り泡を消すためのものです。使用されている場は、食品や化粧品の製造過程や排水の処理の過程といった泡が残ると不都合が発生する場です。消し方には化学的に行う方法と物理的に行う方法があります。

化学的な方法では薬品を利用しpHを変化させたり親和性を変化させる一方で、物理的な方法では振動や圧力を利用します。化学的な方法を利用する消泡剤にはシリコン系消泡剤・界面活性剤・ポリエーテル・高級アルコールなど種類が様々あり、使用用途に応じて選別されるのです。消泡剤が泡を消す原理としては大きく2つあり、泡の膜を部分的に薄くすることで不安定にさせて壊す方法と泡の膜全体を薄くして不安定にさせることで壊す方法です。また、作用の継続にも差があり、前述したものは作用させた時点で発生している泡にのみ働きかけるのに対し、後述したものは作用させた後から発生してきた泡に対しても効果を継続的に発揮するようになっています。

消泡剤は多くの企業で生産・販売されていることから選択肢が豊富にあり、必要な場面に応じて利用しやすくなっているます。例えば、ご家庭でもお菓子を大量に作りたいときなどに利用できるものも存在しているので、適切なものを探してみるのが良いと思います。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です