少量の力や振動などで発生しがちな泡を消す方法として、送風など機械的な方法や化学的な方法が検討されます。機械的な方法といえ、適時対応が可能であれば手動での問題解決となるでしょう。消泡剤とは後者の化学的な方法で、わずかな添加量で問題が解決できる添加剤です。破泡、抑泡、脱泡の三つに分類されており、それぞれ破泡とは泡立った液に添加し消す効果、抑泡はあらかじめ液に添加することで状態を抑える効果、脱泡は液中の泡を合一させて、表面に浮上する速度を早めるという効果となります。

支持の高い製品への評価には、異なる種類に対し有効な消泡剤をブレンドして使用するという手法のため高温や高回転などといった条件の上でも気泡の発生が少ない、汚れなくなり交換頻度が低下したといった点が挙げられています。消泡剤の作用は、発泡液より表面張力の低い物質が主成分となっているため、その低い表面張力によって泡膜を貫通して破壊します。この場合、消泡剤が適切な粒子径で泡膜の厚みに応じながら発泡液中に分散していることが重要です。製品の質が高品質、弱い強い、薄い濃いといった点が問題なのでなく、どのような方法で状態を防止でき作業効率がどれ程アップできるか、たとえば回収タンクやカーペットエクストラクターに対する滴下など、使用の方法も検討から除外しては大変です。

曝気槽や放流水に特に適した種類(排水処理用)、発酵による場合に適する(発酵工程用)、抄造ボードの製造時の白水に適する(抄造用)に絞ることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です