消泡剤とは、液体に泡ができるのを防ぐ抑制抑泡作用、あるいはできた泡を消す破泡作用がある薬剤となり、様々な種類の消泡剤が存在します。具体的にはオイルタイプや活性剤タイプ、エマルションタイプとなり、オイルタイプは鉱物油等に消泡成分を分散させたもので、破泡性に優れており表面の泡を早急に破泡させたい場合に適しています。熱に強いため高温でも使用できるメリットがありますが、油性が強く持続性が弱いため注意しなければなりません。界面活性剤の一種である活性剤タイプは油性で疎水性が高く、自己乳化型消泡剤と言われてますが、水に入れある温度以上になると白濁分散し、少量で高い効果を発揮させることが可能です。

エマルションタイプはオイルインウォータータイプとも呼ばれており、高級アルコールやエステル等を水に乳化分散させて製造されました。分散性や脱気性に優れていますが、脱気作用に関しては発泡液内部の気泡をくっつける作用となり、結合して大きくなった気泡は浮力によって速く上昇し破泡することになります。貯蔵する際は、制約があるため注意しなければなりません。長期間保存すると増粘固化し、分離することで効果が損なわれる可能性があるため、保存する際は直射日光の当たらない屋内で保管するとよいでしょう。

それぞれ特徴がありますが、単独で使用すると満足な効果を発揮できない場合があるため、違うタイプを併用して使用する等、工夫する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です