消泡剤は液体に少量加えることで泡の発生を防ぐ目的で使用されており、大きく分けて3つの作用のものがあります。破泡作用とは物質を侵入させて破壊を促すこと、抑泡作用とはあらかじめ液体に混入させた成分によって生成自体を抑えることで、脱気作用とは接着剤の役割をする消泡剤成分によって気泡同士をくっつけて大きくしたものを液面に上昇させ、上記の2つの両方の作用によって破壊させることです。それぞれオイルタイプ、活性剤タイプ、エマルションタイプが優れていますが、1種類のみの使用では十分な効果が得られない場合もあります。いろいろな作用のものをいくつか組み合わせて使用したり、他の性質を持ったものを使用したりするなどの対策も必要になります。

オイルタイプの消泡剤は油に消泡成分を分散させたもので、お手頃価格で、熱への耐性が強く高温でも使用できるのが特徴です。持続性はなくとも即効性に優れているので、表面の泡を迅速に破壊させたい場合などに適しています。活性剤タイプの消泡剤は洗剤などの界面活性剤の一種で、高価かつ加える量の厳重な管理が必要ながらも少量でも高い効果が期待されるとともに、安定していて長期的な保存が可能になります。エマルションタイプの消泡剤はアルコールなどを水に乳化し分散させたもので、対象の液体への分散性に優れています。

長期保存からの経年劣化を防ぐために、直射日光を避けて屋内で保管することを推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です