お店などで売られている豆腐はかたちがしっかりして、力を加えない限り、型落ちすることはないです。この型落ちしない理由には消泡剤がからんでいます。消泡剤とは泡の発生を抑えたり小さくしたりする添加剤や薬剤のことです。豆腐をつくるさいには大豆が基本になります。

蒸した大豆を絞りだすと、白い液体ができあがります。この液体に消泡剤を入れて冷蔵庫にしばらく放置しておくと、きれいな豆腐が完成します。作り方は簡単ですが、気温や湿度などの量によって微妙に変わってきますので、作る人の勘と経験が試されます。少しでもずれが生じれば型崩れしたり、味が落ちたります。

特に消泡剤の量はきわめて微妙ですので、しっかりとして経験が生かされているのです。もし消泡剤の量が少なすぎると、豆腐の中で気泡(空気)が発生しやすくなり、かたちが崩れて商品になりません。逆に多すぎると、固めのなって味が落ちてしまいます。ですからくだんのように勘と経験がものを言います。

普段なにげなく食べている豆腐にはこのような苦労があります。もし豆腐を食べることがあれば、作る人に感謝しながら、勘と経験で生み出されたものだと思って味わってください。いつもになくおいしいと感じるかもしれません。また豆腐は栄養価が高いので、毎日食べても問題なく、食べすぎることで心配になる必要もないです。

豆腐は安く、手に入りやすいですから、大葉やネギなどを添えて食べてみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です