食品添加物の中にある消泡剤はシリコーンだけと考えている人は少なくありませんが、シリコーンだけを使用しているわけではありません。複数の種類が存在しており、普段から使用している種類を確認し、納得できるものを食べるように心がけてください。元々シリコーンとはシリコンとは違う物質だということを理解していない人が多く、「食品添加物にシリコンは危険!」と勘違いしている人も多いです。シリコーンとはシリコンを生成してできた化合物のことを指し、主にケイ素と水、天然ガス由来のメタノールを使用して作られています。

シャンプーやコンディショナーに含まれているシリコーンは紫外線による紙の劣化を防ぎ、余分な水を防ぐなどの効果も期待できると使用されていることが多いです。シリコーンを消泡剤として使用することで、液体に余分な泡が発生しないようにすることや、泡だった物の泡を抑える働きがあります。豆腐だけではなく、アイスクリームやプリン、羊羹などをはじめ、焼酎やワインなどに使用されることも少なくありません。なお、スーパーマーケットで販売されている揚げ物の中にも、消泡効果があるためシリコーンは含まれています。

よって、外食で食べる揚げ物などにはシリコーンが入っているといってもいいでしょう。毎日揚げ物や糖分の多い物ばかり食べていれば健康に問題はあるかもしれませんが、シリコーンを消泡剤として使った影響ではありません。脂っこい物や糖分の多い物を食べすぎが原因と考えられます。そのため、シリコーンは特に問題がないという意見が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です