消泡剤は簡単に言うと、対象の発泡液に微量を添加することでその発泡を抑えることのできるもののことです。通販でも購入できます。液体の泡を防ぐための添加剤として利用されており、種類も豊富です。泡が残ると困るような商品に対して用いられます。

例えば、食品の製造工程や化粧品に対して使われることが多いものです。消泡剤には様々な種類があるため、内容をよく理解した上で正しく使用しましょう。代表的なものとしてはシリコーン系や界面活性剤が挙げられます。他にはポリエーテルや高級アルコールなどもあります。

特によく利用されているのがシリコーン系です。速効性が高いと言われており、水性も非水性に対しても有効的と言えるでしょう。そんなところが利用価値の高さを感じられます。シリコーン系といってもさらにいくつかの種類に分けられることがあります。

オイル型やエマルジョン型などが有名です。通常、希釈されて使われます。食品加工でもよく使われているので、食品加工業界では主流のものと言えるでしょう。そのため、あまり一般人が利用することはありません。

通販で手軽に購入できるとはいえ、一般家庭ではそう簡単に利用する人はほとんどいないのです。消泡剤は豆腐にも使われています。豆腐は気泡だらけになってしまうと日持ちが悪くなってしまうため、泡がなくなるようにしなくてはいけないのです。手っ取り早く泡をなくすために豆腐づくりの際、消泡剤が使われることがよくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です