各種工場では製品作りを行う際に、樹脂素材を溶かして液体状にした上で型に流し込む作業を行ったり、塗料を使って塗装作業を行う工場もあります。作業工程だけを確認すると簡単に見えますが、実際には消泡剤など他の資材を駆使していることはあり、熟練の社員でなければ最適化することができない製造工場も実在しています。樹脂材や塗料の場合は、気泡や泡が発生してしまうことがあり、金型に材料を流し込んだとしても硬化後に確認をすると、気泡が目立っている場所と表面に気泡が出てしまうことで製品の品質を常に一定にすることはできません。泡の問題は塗料でも同様で、エアスプレーガンを用いて塗装作業をしたとしても、資材となる塗料に泡や気泡が入り込んでいる場合、塗装のターゲットの製品の表面に浮きが出てしまう問題も起きてしまいます。

消泡剤を用いる方法であれば、非常に簡単に問題をクリアすることができる他、他の対策法と比較をした場合では、経費も大きく掛かってしまうことが無い方法なので、経費面でも負担を感じてしまうことも無くなります。消泡剤にも種類というものがありシリコーン系やポリエーテル、高級アルコールなどがあり、対象物に合わせて選ぶことも大切なことです。添加剤として使うものなので、投入する量を守って使う方法であれば誰でも簡単に使いこなすことはできます。水性や油性、パルプや溶剤系、染色用でも使うことができるので、全国各地で稼働しているあらゆるジャンルの工場で必需品として使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です