食品店活仏に使われている消泡剤は、シリコーンだけではありません。複数の種類が存在していますが、主にあげられるのはシリコーンとグリセリン脂肪酸エステルだといいます。シリコーンは業務用の揚げ物油やワイン・ウィスキー・焼酎など幅広い分野で使われている成分で、ケイ素や水、メタノールからできている成分です。グリセリン脂肪酸エステルとは食用品乳化剤と呼ばれるものの一種で、豆腐などをはじめとした食品の消泡剤として使われるようになりました。

グリセリン脂肪酸エステルはマーガリンやショートニングなどの加工油脂をはじめ、パン・洋菓子・チョコレートなどにも含まれています。なお、サプリメントのカプセルの原料として使われることも多いです。もともと天然の油脂に含まれている物であり、人間が数千年取り入れていても問題ないと判断されていることから、消泡剤などに積極的に利用されるようになりました。発がん性物質ではなく、安全性にこだわって使用されているため、普段から取り入れて問題ないとされています。

ただし、入っている物がマーガリンやショートニング、洋菓子・チョコレートなどであるため、食べすぎると確実にダイエットを必要とすることも注意してください。糖尿病になりたくないと考える場合、食べることを控え、運動をすることが必要といえるでしょう。また、サプリメントは長期保存が可能となっていますが、長期間放置して参加してしまうと過酸化脂質と呼ばれる成分に変化してしまうため、注意してください。なお、大量に摂取するとグリセリンが含まれているため、おなかが緩くなってしまう可能性もあることを理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です