水等の表面張力が大きい液体に、界面活性剤や高分子化合物が混ざっていると発泡現象が発生しやすくなります。ですが、製品によっては発砲が皆無でなかったり、一定以上出てしまうと品質が大きく下がってしまうリスクがある物も無いではありません。そこで消泡剤が出てくる事となり、液体全体の表面張力を向上させる事で発泡現象を阻止し、製品の品質を守ります。表面張力向上の為の材料は、液体によって事情が変わりますので、消泡剤の役目を持つ材料はオイルタイプに活性剤タイプ、後はエマルショックタイプに分かれる事もポイントです。

食料や化粧品用に使われる場合は、人体に有害な物質は、しっかり避けて選抜されるという事もチェックしておきたい部分といえます。古くは江戸時代の豆腐作りの頃合に、豆乳に植物加工油を混ぜていましたが、この時の植物加工油が消泡剤の役を担いますし、他にも胃薬のジメチコンや、ジメチルポリシロキサン等も消泡剤にカウントされると思って下さい。興味がある場合は、製品の添加物の所を調べると、役目を持った材料が確認出来る事が多いです。ちなみに、3つの材料の使い分けですが、「熱さに強く即効性があるが、環境汚染に要注意」の場合はオイルタイプ、「長期間保存OKで安定性が良いが、希少で高価がネック」の場合は活性剤タイプになります。

後は、「被消泡液への分散性と脱気性に特化だが、劣化の足が速い」という条件の場合は、エマルショックタイプです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です