製品を製造する工程で発泡してしまうのは、作業能率の低下や製品品質の低下の原因となってしまいます。発泡するのは気体や液体の界面現象であって、界面活性剤や高分子化合物が発泡因子となるのです。そこで消泡するには泡膜の表面張力が部分的に低下してバブルを壊したり、或いは泡膜の表面張力を全体的に低下させて、バブルを不安定なものにさせてしまことです。消泡する時に使うのが消泡剤であり、消泡剤のタイプはオイルタイプ、界面活性剤タイプ、エマルションタイプ、特殊タイプの種類があります。

オイルタイプは鉱物油などの油性物質を主成分としたもので、水系液体に対して消泡効果があり液体表面にできた泡をすぐに消したい時には有効ですが、消泡効果を持続する持続性には欠けます。オイルタイプの消泡剤は法律で定められた排水基準もあり、排水系統で用いる時は注意が必要です。界面活性剤タイプのものは貯蔵安定性に優れ長期の保存が可能ですが、使用方法を間違えると発泡することがあるので、気をつけてください。エマルションタイプのものは消泡成分を事前に水に分散させているので、使用する時には水中での拡散性が良いです。

しかし長期的に保存する時は変質や分離して消泡効果が悪くなる恐れがあるので、冷暗所で保存することが必要です。特殊タイプはシリコーンやシリカを配合しているために、塗装する際に製品に付着していると問題が生じてしまいます。どのタイプの消泡剤を使うかは目的や場所で最適なものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です