工場を運営していると、商品を製造する工程で、液体状の廃液が出てしまうことは多く、汚水を処理することは義務化されているので、基準値を厳守して排水口に流すという作業が欠かせません。普通に汚れた水であればそのままろ過機を通して排水に流せますが、製造している商品や設備機器によっては廃液には大量の泡が出ている場合もあります。泡の量が多い廃液や汚水の場合は、ろ過機を通す際にも空気を含んでいるので、効率を高めることができません。この対策では消泡剤を使う方法で処理をしている工場は多く、適切な量を汚水タンクに入れるだけで全ての泡を一気に消すことに成功できます。

ろ過機を通しても流れ出る汚水に泡が出ているような状態では、通過後にそのまま排水として流すのではなく、この段階で消泡剤を使うことが必要です。有害物質が含まれていないとしても、河川などに流れ出た汚水に大量の泡があれば。その状態を見た第三者の方から河川の異変として通報される可能性があるので、資材を上手く使う方法で余計なトラブルから解放されます。工場排水の場合では、機能性の高いろ過機を導入することで大体は基準値をクリアして排水に流せます。

何らかの物質が混入してしまうことで泡が発生する工場もあるので、使う資材においては自社工場の廃液の分析を行って、対応する消泡剤を導入することが必要です。シリコン系や界面活性剤、オイル系など複数の種類があるので使い分けは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です