消泡剤とは、気泡(泡)の発生を抑えたり、生じにくくしたりする薬剤のことです。日常生活においていろいろなところで使われています。食品では豆腐に使われています。豆腐を作る時に消泡剤を入れると、気泡が発生しにくくなるため型崩れしないのです。

もし消泡剤を入れなければ気泡が発生して型が崩れて商品になりません。豆腐に配合する消泡剤は人体に無害な量を使っていますので、1回で数個食べても問題になりませんから安心して食べることができます。他にも型崩れしないのは気温や湿度も影響していますが、消泡剤が一番のウエートをしめています。お店にきれいに陳列してあると、つい手を取ってしまいそうですが、製造段階ではこのような仕組みになっているのです。

昔、この薬剤がないときは職人の腕にかかっていましたので、少々の型崩れのあるものもめずらしくなかったようです。塗料にも使われています。色を塗った後、乾いてしまうと気泡が発生して見栄えがよくないです。そのため気泡の発生を抑えるのにも使われています。

塗った後の滑らかな感じがまさにそうです。気泡が発生していればぶつぶつ感が目立ち、触った感じもごつごつして見苦しくなります。ですから塗料にも必要というわけです。豆腐と塗料では、配合の量が全く違ってきます。

このことは他の用途に使うときも同じですので、製品や食品によって配合量が違ってきて当然なのです。実際目に見ることがほとんどないため、縁の下の力持ちと言っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です